シミウス 楽天

MENU

マッサージにも使用しないと損!

シミに成果のが見られると噂のシミウスのホワイトニングリフトケアジェル。

 

だとしても、ただ塗るのみで締め括るのはもったいないと言えます。

 

シミウスのホワイトニングリフトケアジェルは、マッサージクリームとしても利用できます。

 

ならば、手当てにマッサージを導入したほうがダントツに効果はよくなります。

 

「そうだとしても、マッサージって煩わしいよね。」と考えますよね。

 

無事故ですね。

 

シミウスを使ってのマッサージはたったの3当たりで終了します。

 

たったの3分のマッサージで、シミ手当てやたるみ手当てになっちゃはいですね。

 

あなたも、ただ塗りつけるだけでおわらせるのではなく、マッサージも導入して下さい。

 

効果を発揮するマッサージ企画を紹介しますね。

 

効果的なマッサージ企画としては、たったの3道筋だけですね。

 

1

 

シミウスジェルを適量手に取ります。

 

テクスチャーはジェルにしては、いくぶん硬めかなと映るくらいですね。

 

というのも、シミウスジェルはマッサージクリームでも使用できますから、温厚すぎるのもダメなんですね。

 

ですが、硬すぎてもマッサージには下手ですね。

 

シミウスはちょうど良い硬さになっています。

 

施策としては、目のあたりにはタップリとつけることがいち押しですね。

 

目のあたりは、実は表皮が何とも無い所ですね。

 

表皮がないと、カサカサもい易くなっています。

 

目のあたりが乾燥していると、シワの要素にもなると思われますので充分塗りましょう。

 

 

 

2

 

中指で、目のあたりをグルグルとマッサージ。

 

この時、眼球をゴリゴリとマッサージしないように注意しましょう。

 

眼球をマッサージするのではなく、目のあたりをマッサージください。

 

3

 

マッサージをまとめると最後に、ほほからデコルテにかけてリンパを流しましょう。

 

デコルテのパーツまで、敢然とリンパを流すようにしてください。

 

 

 

2〜3を、約3回行います。

 

目のあたりをマッサージすることで、毒物が取り去れます。

 

その結果、血行も上がります。

 

血行がよくなるため、シミ手当てにも結び付くということですね。

 

無論、目のあたりのシワ手当てにも成果が考えられます。

 

今回は目のあたり中心のマッサージは、たったの3当たりで終了します。

 

 

 

自分は、造顔マッサージにも、シミウスのホワイトニングリフトケアジェルを用いています。

 

田中宥久子君の造顔マッサージが話題になっていますよね。

 

私もその造顔マッサージ取り入れているのですが、

 

「マッサージはしっかりクリームを使用してください。」

 

と本に記載されていました。

 

なので、自分は造顔マッサージにシミウスを扱うことにしています。

 

ジェルだけじゃなくマッサージにも使えますし嬉しいですね。

 

マッサージは、 たったの3分のマッサージで済みますから、めっきり楽ですね。

 

シミウスジェルは付けるだけに限らず、マッサージを追加するためどんどん効果的になります。

 

あなたも、めんどくさがらずにマッサージを取り入れてくださいね。